霊視占いバカの日常 創業40年・電話占い 卑弥呼 大阪でNo.1の実績を誇る復縁・不倫占い『巫女霊術による霊視占い専門』

恋愛に対する相談事例|電話占い・復縁占い 卑弥呼

霊視占いバカの日常

0120-91-4817

霊視鑑定受付時間 朝10:00~翌01:00

霊視占いバカの日常|電話占い・復縁占い 卑弥呼

霊視占いバカの日常

霊感依存症

しばらくしたある日、魔がさしたのか何気なくパチンコ屋に入ってしまいました。
平日にもかかわらず賑わっていました。
システムもわからないわたしは何本かの通路を見渡せる位置で他の人がプレイするのを眺めていました。
pachinko-izonshyou
しばらくすると空き台のひとつが、「ここに座ってわたしを打ってください」と聞こえてきました。
聞こえるままにその台にすわりしばらくすると7が三つそろったのです。俗にいうフィーバ状態です。
たくさん玉が出てきました。

それから何度も続けてのフィーバ。玉が箱積み状態。
それ以来すっかりはまってしまったわたしは夕方遅くになると連日連夜の皆勤となりました。
当時は正月の一日だけはお休みのホールが多かったのですが依存症のわたしは元旦でも開いているところを探して行く始末。
完全な病気状態。2ヶ月くらいたった頃、日々に虚しさをおぼえるようになりました。

明日からは非建設的な生活から抜け出ようと決心しました。
電話占いの受付に併設された霊感占いの修行の道場に安置された神さまに深夜、約束しました。
明日からはパチンコホールに出入りはしませんと。
そう誓っていながら翌日になると出かけていました。依存症という病は強烈です。
その日も、また翌日も誓っては破っているわたしです。

次は深夜になると今度は、次に誓ったことを破ったなら罰を当ててください、とお願いした。
そうお願いしながら翌日はまた出かけています。そしてお誓い。
また出かけている自分。

「アレ!何度も誓って破っているのに罰が当たっていない。」
今度はお願いの仕方を変えました。
今度、破ったならわたしの命を奪ってくださいと・・・。
依存症ではあったが向上していない自分に嫌気がさし本当にパチンコを止めたかったのです。
自分の意志力の弱さにもまいっていました。

その2,3日後の明け方の5時ころ、すねに激痛を覚え目覚めました。
あまりの痛さに七転八倒いたしました。
それが30分もすると嘘みたいに消え去り、翌日の同じ時刻になるとまた始まりました。
おかしいと思ったので翌日、息子さんの名づけで縁のある整骨医を訪ねました。
以前、腰痛の時も一度で治してもらったことがありましたから。

しかし、その深夜、同時刻に同じ症状。
翌日も整骨院へ行き訴えました。が変わらず。
もう一度お願いするとその日は変な感じを体に受けました。
深夜、同時刻になってもその症状は出なかったのですが翌朝からおう吐がはげしくしかも足に力が入らず立ってトイレに行けなくなりました。

これはおかしいと以前、仲人をつとめてもらった整形外科医を訪ねました。
診察を受けたのち先生の系列の大学付属病院を紹介され検査の日々が続きました。
 

電話番号をタップしてお電話をかけられます
受付時間:午前10時から翌朝1時まで

霊感修行

他のどの弟子にも負けないとする彼の修行は始まりました。
時間帯は深夜にかけて行うことが多く、欠かすことのない瞑想。
これについては以前にも話したと思いますが、深まってくると何キロ先に離れている引いては返す潮騒の音が鮮明に聞こえてきたりします。
そして定期的に複数の弟子も伴って深夜にかけて伏見稲荷の裏山に滝に打たれに出かけたり、
今は世界遺産にもなっている高野山にも霊感占い師としての能力を高めるため修行に打ち込む日々を送っていました。

深夜の奥の院は人影もないのですが、ときには白装束の数人が真ん中の一人を囲みその人に対してお経らしきものを唱えているのを目にしましたが、人それぞれに因縁があると言うか、人には言えない事情というものを持っているんだなぁーと思いました。
電話占いのお客さまの大半は複雑な恋愛の悩みですが、生きている限り次からと押し寄せてくるあらゆる悩みの解決にもわたし達の仕事は
しっかりと対応して行かないと、あらためて思うのでした。

それから間もなくして霊感で感じるところがあり、歩きの四国八十八か所、遍路の旅にひとりで出かけました。
お遍路の旅
もともと父が占い師で当然、その頃は対面鑑定でやっていましたが鑑定所をオープンする前に同じくお四国さんの遍路旅に出かけていました。
父の霊感占いの師匠もその昔、オープンする前にお四国さんに出かけたそうですから、霊感で導かれたというより、そんなことが潜在意識に残ってたのかもしれません。

暮れから出かけ終えて戻ったのが一月の半ば過ぎ、ちょうどその年の大惨事、淡路・兵庫大震災を戻る直前でしたが淡路で体験しました。

最後に高野山にお礼の詣でをするのですがそんな事情で少し遅れてお山に登ったときはかなりの大雪でした。
それから少し時間が過ぎ、霊視の力を発揮するのは集中力がとても大切ですから内弟子の男性と他、女性の弟子を一人連れ再び四国詣でに出かけました。
もっと大勢を連れて行きたかったが仕事に支障が出るので出来ませんでした。

電話番号をタップしてお電話をかけられます
受付時間:午前10時から翌朝1時まで

恋愛の障害は憑依だった

たくさんのお客さまから毎日ご依頼を受け複雑愛その他のご相談を霊能者である先生方は悩み解決のため日々、努力をなさっていますが、一番頭を悩ますのが優秀な先生ほど次々と倒れてしまって時には入院に至ることもあることです。

霊感占いではお相手の波動修正を先生方が無意識に行っておられるがその代わりお相手のマイナスエネルギーを受けてしまって心臓病その他の病に臥せてしまうことがあるのです。

密教の占いの一つとして「宿曜経」という占術がありますが私たちはどこまでも霊視占いにこだわっていますので基本的には「宿曜経」占術は用いませんが願いを叶えるための呪術として古神道を含む密教の世界にある、愛染明王恋愛成就法、三宝荒神縁切り法などの修法を行いますが、それらの行法に入る際に必ず護身法(ゴシンポウ)を修法いたします。
三宝荒神
言ってみれば高濃度の水素水を体内に摂取し体内の活性酸素を排出するようなものでこれらを所属の霊能者である占い師の先生方に修得してもらうように努めました。

そのような日常の中、ひとりの男性の恋愛相談を受けました。
彼には離婚経験があり、女性は独身のアラフォーの方でした。
真面目な頭の良い男性で当然、電話による鑑定でしたが、霊媒体質の方で霊障を受けているのが原因で彼女との恋愛を阻害していたのです。
こちらと同じ市内に住んでいることがわかり電話占いの受付事務所に併設された鑑定所に来るように話し、それからたびたびお会いして、たまさか浪人中だった彼は後にわたしの内弟子となったのです。

彼が受けていた霊障の原因もそれからすぐに判明しました。
          
彼の住まいしていたマンションのそばに交通量の多い道路があり、その道路の真ん中に一本の老楠があるのですが、交通の妨げと何度か取り除く作業を市も試みたのですが、色んな障害に合い道路上ではあるが囲いをし、そのままになっていたのですが、気の優しい彼はごく近所にあることもあり生卵などを供えお参りし足しげく通っていたやさしい彼に憑依するようになったのが原因でした。

電話番号をタップしてお電話をかけられます
受付時間:午前10時から翌朝1時まで

手かざしで波動修正

そんな生活にはいった頃、太霊道という不思議な呪術にめぐり会いました。
奇跡の超能力開発法と言われています。
手をかざすと対象物がゆれ動かされる術です。
        
健康を損ねている方に施し健康状態を元に返すことを主にする術です。
かなり以前に十字式健康法を知りあいの方の紹介で受けに行ったことがあるがストレスからくる疾患、肉体上の疾患とあるが、特に肉体上の疾患もなかったが受けた体験がある。

ずいぶん順番を待った記憶があるが、背中を見せてそこにパウダーを塗ったあと、手の平を背に向けパコパコと気を送ったような感じで3分ほどで終わる。
特に悪いと感じて行ったわけでなかったがその日、一日変な感じを受けていた。それは気のせいかも知れなかったが・・・

健康に関する呪術はあまり興味がなくそれきりになっていた。
わたしが目的とするのは恋愛の悩みをもつ方たちであった。
特に複雑愛の悩み解決であったから太霊道もそう興味を持ったわけでなかったが、わたしと等しく精神世界に興味を持つ友人が太霊道を修得すべく毎晩、わたしの元を訪れたのでノウハウを教えていた。

覚えたことを懸命に実践していたある夜、電話がかかってきた。
ついに太霊道が出来たという。
早速、その夜やってきてわたしに実践して見せた。

B5の紙に手をかざして彼が集中していると、その紙が回り出したのである。
もちろん私の前で手品をするわけもなく本当に出来たようである。
嬉しかったのかそれ以来、健康にすぐれない人を見つけては施していたらしく、久しぶりに彼に会ったが驚いた。
かなりの長髪であった彼の髪の毛が真っ白になっており、しかもガリガリに痩せてしまっていた。

それに合わせて彼の運命も大きく下降していたのである。
子供服のブティックを経営していたのだがそのお店がうまく行ってないのは聞いていたがしばらくして行方しらずになり今も音沙汰なしである。

電話番号をタップしてお電話をかけられます
受付時間:午前10時から翌朝1時まで

願うことは実現します

だれにも知られていないのでお客さまが来ません。
とても生活をできる状態ではありませんでした。
それでも時折たずねてくれる人もおり
目に見えないチリが積もるように口コミでお客さまも増えつつありました。

そんなある日、クチコミを聞きつけてこられたおばさんがいました。
「私が何を聞きにきたか当ててください」

わたしの技量を試しておられるようです。
滅多にこのような失礼な方はいませんが中にはおいでになります。
外見においても年齢においてもそんなふうには思えませんでしたが体をつつむオーラから異性関係、
しかも不倫の悩みと断じましたのでその方の失礼を意にも介さず視えたとおりに話しました。

電話占いでもそうですが、ひとつ肝心なことを占いで
断じて的中したとなれば後は自分から話してくれます。
たとえ人に言いにくいような事でもです。

その時はまだ犬を連れて夜毎、ライトに照らされたベンツを見に出かけていました。

フッと気づいたとき自転車に乗って日中のヤナセのショールームに出かけ
これにしようと勝手に内心決めていた買えるはずのなかった車を注文していました。
ひやかしで来たと思われたそうです。
後で聞いた話ですがベンツを買いに来られるかたは、
クラウンであるとかそのような高級車で来られるそうです。
自転車に乗って買いにきたのはその販売店では始めてだそうです。

ほんの半年前まで生活もままならなかったのですが、
突如としてお客さまが驚くほど増え気がつけばそのような状態になっていたのです。

どこまでも占いですから当たる占いを目指すのは当然ですが、
お客さまの悩み解決に尽力できなければ半分の仕事しか出来ていないのでは?と思い始めたのもそのころでした。
ベンツ事件で想念の実現化をまさに体験しました。
ナポレオン・ヒル著「思考は現実化する」を始めあらゆる精神世界の本を再び、乱読し始めたのもこの頃。
そして密教の世界にも首から下にかけてどっぷりと浸かるようになっていきました。
ご祈願風景

占いバカのわたしが、精神世界に浸かるわたしが言うのも変ですが胡散臭いことが大嫌いで、いまもそうですが
不思議なことは必ず検証するのです。そして実証を得ないものは捨ててきました。

電話番号をタップしてお電話をかけられます
受付時間:午前10時から翌朝1時まで

霊感占い師をめざして・・・

卒業後、就職もせずにスピリチュアルの世界をさ迷っていた
占い師になるしか生きる道はないと思ったわたしは
毎日、古書街で日中をすごし間違いのない専門書、
命理学、九星気学を始めあらゆる占い書を独学で学び
始めた。どんな占いの勉強をしていても柱としては
易学があった。

俗に言う当たるも八卦というやつである。
どんな占いの勉強をしても多少の矛盾はあり、
自分が得意とする霊感占いに易は近いものがあると
感じていたからだ。
易六面体サイコロ
易には的占といってたとえて言えばザルの中に誰かが
ある品物を入れておき、何人かで何が入っているかを
当てるのを競いあうのです。
つまり易を使って霊視するわけです。

昭和の始めだったと思いますが、三船千鶴子という霊能者が
おられて、今もスピリチュアルの世界ではトピックに
なる人ですが霊視というものに特別な興味をもつわたしは
常に研究の対象でした。その頃からわたしもお客さまから報酬を頂戴するプロの霊感占い師としての人生が始まりました。

電話番号をタップしてお電話をかけられます
受付時間:午前10時から翌朝1時まで

霊能者をたずねて・・・

「思考は現実化する」という言葉を知らなかった。
買えるはずもない。でも欲しかったわたしは夜毎愛犬のガクを連れて自転車で30分ほどのところにあるヤナセのショールームに出かけライトに照らされた数台のベンツを見つめていた。

自転車を買うのが精いっぱいだったから買えるはずのないベンツを昼間に見るのが恥ずかしかったから毎夜、毎夜夜更けになってから出かけた。どれくらい続けたか・・・。

小学校の高学年くらいになると母親に連れられてアチラこちらの占い師や霊能者の家をたずねる人生が始まった。
生まれつき精神世界が好きだったと思う。
そういったところに一緒に出かけるのがとても楽しみだった。

ある霊感占い師の先生の元へ同行したとき、
「この子には神霊がついている」
「証拠を見せてあげるから、手を合わせてごらん」
「力は抜いてね」と言われそのようにした。
霊能者はわけのわからない呪文を唱え始めた。
しばらくすると前に手を合わしたその手が上に上がり出し、頭上でその手が大きく震え出している。
「ほらこのとおりでしょう」と霊能者が母親に言った。

それがどんな意味があるのかわからなかったが不思議な感覚ではあった。
        
ずーっとそんな生活が続き大学生になったころやはり占いが大好きで小使いがあるときは看板を見つけたら占ってもらった。
あるとき繁華街の呼び込みで入ったところは○○霊感占いと書かれていたが、もういくら出せば秘密を教えてあげるとか言われてなけなしの小使いをはたき大きく後悔をしたこともあった。

電話番号をタップしてお電話をかけられます
受付時間:午前10時から翌朝1時まで

7 / 7« 先頭...34567

困難な願望も成就へ導く
電話霊視占い

0120-91-4817

電話番号をタップしてお電話をかけられます
受付時間:午前10時から翌朝1時まで

  • 在籍霊能者紹介

    霊視・霊感占いに優れた
    霊能力・霊術の担い手

    在籍霊能者紹介
    在籍霊能者紹介
  • ご利用方法

    もしあなたが“本気”で
    困難な願望の成就を望むなら

    ご利用方法
    ご利用方法
  • 支払い方法

    銀行振込の他、便利な
    クレジットカード決済にも対応

    支払い方法
    支払い方法
  • 料金について

    電話占い料金の相場と選び方

    料金について
    料金について
  • 口コミ

    口コミで頂いたお客様の声を
    ご紹介します

    口コミ
    口コミ
  • 霊能者募集

    困難を乗り越えるための
    道しるべとなってください

    霊能者募集
    霊能者募集
  • 不倫占い

    不倫の悩みで心が血を流すような
    状態から救いだします

    不倫占い
    不倫占い
  • 復縁占い

    彼の気持ちの霊視と復縁の可能性を
    知ることが第一歩です

    復縁占い
    復縁占い
  • サクッと縁結び

    恋愛成就の秘宝で
    あなたの夢をかなえます

    サクッと縁結び
    サクッと縁結び
  • バッサリ縁切り

    『縁切りはむずかしい』と
    思い込んでいませんか?

    バッサリ縁切り
    バッサリ縁切り

困難な願望も成就へ導く
電話霊視占い

0120-91-4817

電話番号をタップしてお電話をかけられます
受付時間:午前10時から翌朝1時まで